コトリチコログ

思ったことを書きとめて、役立てたい

ディズニープリンセスでいろいろ考えちゃった話

こんにちは、小鳥チコです+*

最近4歳年中組の娘がディズニープリンセスにハマっています。

一緒にアニメを観ていて、なんだかいろいろ思う所があったお話。

あ、ジェンダーやフェミがどうとかいう話ではありません。

f:id:mizuironokotori:20210517165102j:image

急にキラキラしだした娘

いや、娘は前からキラキラしてるんですが(親バカ)

なんだか最近描く絵がお目々キラキラ、まつ毛パチパチ。

アクセサリーにも興味津々で、本屋さんへ行けばプリンセスの本を選ぶ。

特に与えたり教えた覚えはないけど、やっぱり幼稚園でいろいろ聞いてくるのかなぁ?

あ、アナと雪の女王は私の実家で観たのが最初かも。

とにかくあんまりプリンセスに興味を持つので、アニメも時々観せるようになりました。

 

リトル・マーメイドのラストシーンで初めての感覚…!

で、先日リトル・マーメイドを一緒に観ておりまして。

私も昔からよく観ていて懐かしいな~、今観るとけっこう急展開な話だな~なんて思いながら観ていたんですが…

なんやかんやあってアリエルが人間になって(雑な説明w)結婚式を挙げるシーン。

最後の最後にお父さんとアリエルが抱擁を交わすんですよね。

そこでなんだかすごく寂しい気分になっちゃったんです…!

お父さんは人魚、娘は人間。そう簡単に会えないし、里帰りなんて無理ですよね。

もう会えなくなるのがわかっているけど娘のために脚を与えて王子の元に送り出して…

おぉ~~~~ん!

お姫様への憧れなんかより、完全にお父さんの心情のほうに気持ち持っていかれちゃう!

この感覚は初めてでした。親になったからこそ感じるものなのかな。

 

美女と野獣で、あぁこういう人いるよね…となる

美女と野獣も観ました。野獣を怖がるかなと思ったけど意外に大丈夫だった。

しかしアリエルもベルも、なんで明らかにダメっぽいところへ行っちゃうんですかねw

所々ツッコみながらも、やっぱりミュージカル仕立ては楽しいなぁと観ていました。

で、終盤に差し掛かってガストンの仕業でベルのお父さんが強制入院させられそうになり(これも今じゃ、なかなかの設定ですよね)野獣の存在をみんなに教えてしまうシーン。

ここで「あぁ~…」となりました。。。

「野獣がいるだと?!」

→ベルの説明を無視して「夜になったら子どもをさらいにくるぞ!!」

→「退治しにいくぞ!みんな斧を持て!!!!」

 うん…こういう流れ…なんかここ1年よく見る気がするよ…

自分の欲のために(あるいは無意識に)不安を煽ってみんなを焚き付けて、斜め上の方向に突っ走っちゃう人って昔も今も一定数いるよなぁ。。。

このあぁ~…な感覚も、大人になって初めてのものでした;

 

なんやかんや言いつつ、好きですプリンセス

「女子にはピンクとキラキラ」「夢見る女の子が王子様と結婚してハッピーエンド」なプリンセス設定をジェンダー論から疑問視する声もあるけど、私自身ディズニー映画を観て育っているので子どもと一緒に観られるのは嬉しいです。

その設定を刷り込みとするかファンタジーと理解するかは、周りの人の関わり次第じゃないかなぁと、個人的には思っています。

もちろん、子ども本人が疑問を持ったり嫌がったりするなら観なければいいわけで。

メリー・ポピンズ、トラップ一家物語、天使にラブソングを、ホーム・アローン等々の洋画も子どもの頃よく観てたから、そのうち子どもたちと観てみたいなぁ。

 

余談:美女と野獣、野獣派?王子様派?

ものすごい余談なんですが…美女と野獣で、最後に魔法が解けるじゃないですか。

あそこで野獣が王子様に戻って振り返ったとき、ちょっとがっかりしません?(笑)

え…野獣の方が声も見た目もいいじゃん…って。

王子様のほうが好き!っていう人もいるのかな。少なくとも本国ではあれがかっこいい!素敵に戻った!ってなるのよね?

実は、観るたびに内心ガクーっとなる私ですw

 

余談2:兄も喜んで観てます

プリンセスシリーズ、娘だけじゃなく小1息子も喜んでみてます。

娘に頼まれて、プリンセスを模写したりもしてます。

うちは父ちゃんが可愛いぬいぐるみとかプリキュア好きだし、私も男性向けの美少女アニメや仮面ライダーが好きなので、息子が女児アニメを観ようが娘が仮面ライダーを好もうが何も言いません。

かといって、ジェンダー論的なやつに過敏にもなりません。

性別がどうとか年齢がどうとか、作品がおもしろければそんなの関係ないですよね!!

っていうオタク的幸せ理論!

 

 

* ぽちっとしていただけると嬉しいです*
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ